キャバ嬢との同伴をキャンセルする方法

キャバ嬢との同伴の約束をしたけど、急用で行けなくなってしまったというときは、行けないことが分かった時点で連絡をしなければなりません。
同伴をキャンセルするのは本来マナー違反です。そのことを念頭に置いた上でキャバ嬢に伝える必要があります。誠実に謝ればキャバ嬢にもそこまで悪い印象を与えることはありません。

同伴をキャンセルするときは、必ず謝りましょう。行けなくなった理由ときちんとした謝罪の言葉、また後日埋め合わせをすること、この3点は必ず伝えましょう。
また予定が少し早く終わったら後からでもお店に行ってあげたりするなどのフォローもしたいですね。
一番してはいけないのは無断キャンセルです。そんなことをしてしまっては、今後同伴の約束どころかそのキャバ嬢から指名NGをもらっても仕方ありません。
ただ、同伴の日付を勘違いしていたなどの悪意のない無断キャンセルをしてしまったということもあると思います。そういう場合は気づいた時点ですぐにキャバ嬢に謝罪しましょう。

同伴キャンセルはきちんと謝罪して後日別の日の約束をする姿勢を見せれば、許してくれるキャバ嬢も多いです。ただあまりにも頻繁にキャンセルしてしまうと同伴をしてもらえなくなるので注意しましょう。