キャバクラで遊ぶ上の暗黙のルール

キャバクラにはそのお店独自のルールや夜のお店ならではのルールが存在しています。ただ基本的には女の子やお店に迷惑をかけない遊び方をしていれば問題ありません。
そこで今回は、意外に破ってしまいがちな暗黙のルールをご紹介します。これを知っていないと悪気はなくてもキャバ嬢から嫌われてしまう・・・なんてこともありますのでぜひ参考にしてみてください!

まず女の子にドリンクを入れてあげないのはNGです。お店に来たからにはどんなに安いものでも構いませんので、最低1杯は女の子にドリンクを入れてあげるのがキャバクラの基本です。
セット料金だけで楽しむ人は、女の子からしたらただのケチ客です。ケチなだけならいいけど他にも何かやらかしていたらNG客とまで思われてしまいますよ。

またいつも遊びに行っているお店で既に指名の子がいる場合、その子以外とは連絡を取らないようにしましょう。
例えばヘルプに入った子に「連絡先教えて!」としつこく迫ったり、フリーの時に連絡先をもらった子に連絡をしてみたりというような、いろんな女の子に唾をつけるような遊び方は嫌われます。
キャバクラは永久指名制では無いため問題ないように思われますが、指名嬢からしたら色んな子に連絡をとるお客さんは良い気持ちではないものなのです。
もし今の指名嬢から別の子に指名を変えたいというようになった場合は、勝手にその子に連絡をとるのではなく、一度ボーイさんに相談してみましょう。