時間帯によって違うキャバ嬢のタイプ

キャバクラには早朝から昼、夕方くらいまで営業している「朝キャバ」や「昼キャバ」、夜間営業の一般的なキャバクラというようにいろんな営業時間で遊ぶことができます。
昼間のお仕事の人は夜のキャバクラに行くことが多いと思いますが、夜勤が多い人や夜のお店で働く同業者などは朝や昼のキャバクラに行くことが多いです。

これらは営業時間が違うだけで全てキャバクラであることに変わり無いため、楽しみ方自体は変わりありません。
朝昼営業のキャバクラと夜営業のキャバクラとで大きく異なるのが在籍している女の子のタイプが違うことでしょう。

朝昼働いているキャバ嬢たちの多くは現役の大学生だったりシングルマザーだったりします。副業としてキャバ嬢をしている子が多いので、夜働いている子達ほどガッツリとキャバ嬢をやっているわけでは無いため、素人感が感じられるのが特徴です。
ノルマがないなど夜のキャバクラよりも緩く、ドレスを着たりメイクをがっつりとする子もほとんどいないため、いわゆる「普通の子」と遊びたいと思ったら朝や昼のキャバクラの方が楽しめると思います。

華やかでいかにもキャバ嬢!という子と遊びたいのなら夜、カジュアルに普通の女性と遊びたいと思ったら朝・昼キャバがおすすめです。