キャバクラ依存症から抜け出すには

生活が苦しいのにキャバクラに行ってしまう、借金をしてまでキャバクラに行ってしまうという、常にお気に入りの子のことしか考えられない・・・こういう状態に陥ってしまっている方はキャバクラ依存症の可能性が高いです。

こうした依存症は他の依存症と同様、自力で解決するのには強い意志が必要です。
もし自力で解決したいというのなら、まずはキャバクラのことを忘れることから始めてみましょう。キャバクラのことを忘れるために新しい趣味を始めてみたり、仕事に熱中することで徐々にでもキャバクラのことを考える時間を無くしていってみてください。
またキャバ嬢への連絡手段を断つことも大切です。キャバクラに関する情報を完全にシャットダウンするために、ブラウザの履歴を消したりキャバ嬢の連絡先を削除したりしましょう。
キャバ嬢からしたら突然連絡できなくなるというのは珍しいことではありませんので、気にせずに連絡先を削除したりブロックしたりしてください。「最後だから」とキャバ嬢に「もう行かない」と連絡してしまうと絶対に引き止められてしまいますので何も言わずに連絡を断つのがいいでしょう。

自分で色々手を尽くしたけどどうしても依存症から抜け出せないという場合は、第三者の力を借りるのも大切です。
心療内科などの依存症治療ができる専門医に相談することも頭に入れておいてください。