お酒が飲めないキャバ嬢のことを考えよう

キャバクラは女の子とお酒を飲む場所です。そうなるとキャバ嬢たちもお酒が大好きで強いと思われるかもしれませんが、実は全くお酒が飲めない、もしくは苦手というキャバ嬢も多いです。
キャバ嬢というお仕事は昔からお酒が全く飲めなくてもできるものなので、中には一滴もお酒を飲まずにお仕事をしているという子も珍しくありません。

こうしたお酒の飲めないキャバ嬢の天敵が、わざわざアルコールチェックしてくるお客さんです。
そうしたお客さんはキャバ嬢のドリンクにアルコールが入っているのかどうかをいちいち確認します。そしてさらに厄介なのが、アルコールが入っていないソフトドリンクだと分かった途端に怒るお客さんです。
キャバ嬢たちがお酒が飲めない理由は様々です。アレルギーが原因で全く飲めないという子もいますし、お客さんがいっぱいで今日はこれ以上お酒を飲むのは避けたいという場合もあります。
女の子とお酒を飲みたいという気持ちも分かりますが、もしキャバ嬢がソフトドリンクでも気づかないフリをしてあげるのが大人な遊び方となります。

最もベストなのが「ソフトドリンクでもいいから好きな飲み物頼みなよ」と言ってくれるお客さんです。
またお酒の飲めない子は稼ぎにくいので、たまにはボトルを入れてあげて、自分だけで飲んだりボーイさんにお裾分けして飲んだりしてあげるとキャバ嬢からも非常に喜ばれますよ。